人工言語の辞書や文法などをコンピュータで取り扱うためのいろいろな規格を決める会議です。

本会議では、「規格がカバーする・しうる言語とはどういったものか」「規格を利用するアプリケーションの構想」といった点に関してブレストしていきます。考えうる限りの自然言語・人工言語の特徴を挙げていき、どのようなデータが必要で、どのように抽象化すれば良いのかを、構想するユースケースと照らし合せながら明らかにします。

なぜ私 (デネブさん) が会議を企画するに至ったかについては http://ja.conlinguistics.wikia.com/d/p/3056689011302489390 の返信欄をご確認ください。

会議の運用は下記のような構成でいこうと考えています。音声参加は強制ではないですが、スムーズな進行のためできれば参加してほしいです。生配信は考えましたがやめにします。

- Discordで音声通話・テキストチャットを行う(https://discord.gg/KKSrTYK)
- Googleスライドを共用のメモおよび議事録として使う (https://docs.google.com/presentation/d/1H9OJTpVDBkXomjxW-6e-w3gujAdNka8_a98J05vtyK0/edit?usp=sharing)
- Twitterハッシュタグは #langstd1

会議日程は10/1(日)となりました。予定の回答や変更は引き続き受け付けていますが、余程大きな変化が無い限りこの日程でいきます (http://tonton.amaneku.com/list.php?id=20170829155952_PuzOAt) 。

その他の連絡は https://twitter.com/qothr までお願いします。