FANDOM


カルコレーシュ語
Calcoradetár
[kalkoradeta:r]
Calcoradetar.png
分類
Se分類 芸術言語
モユネ分類 ART/NAT/IMG/SON/LIT/SER
CLAコード cal-ca
制作者 Clefes Lambelúza

カルコレーシュ語(嘉:Calcoradetár、英:Calcoradish)は、Clefes Lambelúza(クレフェス・ランベルーザ)によって製作された人工言語である。架空世界に存在するカルコレーシュ共和国及び旧植民地諸国の公用語として設定されている。

特徴編集

  • 典型的な芸術言語・架空言語であり、自然言語の持つ不規則性や曖昧性を意図的に取り入れている。
  • 基本的にはアプリオリ人工言語であるが、特に文法に於いては西ヨーロッパの言語の影響が強い。

文法編集

  • 基本語順はSVO、形容詞は後置修飾を原則とする。
  • 本来は屈折語であるが、現代では屈折性が衰退している。

世界観編集

  • 現代ヨーロッパをモデルとしている。カルコレーシュ南東部はイタリア・ギリシャ・南フランスの雰囲気に近く、カルコレーシュ西部や北部はゲルマン風・スラブ風の雰囲気を持つ。
  • 国家としては、成熟した民主国家である。
  • あくまでも架空地図や交通網(鉄道と道路)がメインであるため、文化設定はあまり重視されておらず、数字はアラビア数字、単位は地球のSI単位系(メートル法など)、暦(こよみ)は西暦をそのまま用いる。
  • 歴史に関しては、実際のヨーロッパ列強の歴史をほぼ踏襲している。カルコレーシュはかつて複数の国を植民地支配していたが、現在はすべて解放され独立している。現在でもそれらの旧植民地でカルコレーシュ語が公用語として話されている。

外部リンク編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki