FANDOM


ガラリとは、製作中の人工言語において、文法や語彙などの仕様がガラリと改定され、話者や学習者が混乱に陥れられること。

概要 編集

多くの人工言語は、発表もしくは運用され始めてしばらくの間、製作者らのみによって運用される。その間に製作者らの気に入らない部分があった場合にはすぐに修正することができる。一方で、一定数以上の話者や学習者を獲得した人工言語は、使用者のなかで構成されたその言語の様相がすでに固まってきており、少数の使用者 (製作者も含まれる) の意向のみによって言語仕様が変更されることは事実上起きにくくなっていく。

したがって、ある意味では、使用者の少ない人工言語は、純粋な学習者にとって「不利」であるといえる。そしてもちろん、学習の際にようやく言語の問題点が見えてくることや、そのフィードバックをもとにより洗練された言語が出来上がっていくこともあり、その場合、製作者にとってその学習者は貴重な存在だということになる。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki