Fandom

人工言語学 Wiki

リパライン語

58このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする
リパライン語
Lineparine
/linepaːine/
Lipa.png
分類
Se分類 芸術言語
モユネ分類 ART/INT/PHI/NAT/IMG/CDE/SER/AWL
CLAコード lpa-lp
制作者 ADLP(Akademice Lineparine)
その他 TP   54.4TP

DRP 203.58DRP

概要編集

リパライン語 (Lineparine, Lipalain language、理語、リパ) とは、Fafs falira sashimi によって制作中である人工言語である。 CLAコードは lpa-lp。通常の場合、現在制作中の三代目リパライン語を指すが、リパライン語は一代目、二代目、三代目、四代目とあり、それら全てを指す場合があるため注意が必要である。以下では主に三代目について説明する。三代目リパライン語ではリパライン語架空世界であるファイクレオネとユーゴック語架空世界であるカラムディアのシェアワールド創作を基盤に文化的な芸術言語を創作し、総合的な創作(悠里世界、悠里創作)に付与することを期待して制作されている。

特徴編集

  • 文頭に来る助動詞によって時制や相を表現する。
  • 動詞が文頭に来ると必ず命令表現になる。
  • lexという単語が特徴的な働きをする。
  • 相位詞と呼ばれる特別な表現体系が存在する。
  • 厳格な口語・文語の表現の違いが存在する。
  • 分離標識という能格的な表現方法が存在する。

文字編集

リパライン語にはリパーシェと総称される文字が存在し、それらによって表記される。一代目、二代目は古リパーシェ(幻字の変形)、三代目はデュテュスンリパーシェ(Dytysn liparxe)によって表記される。

外部リンク編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki