FANDOM


印象語義とは、語句に含まれる本質的な意味を指す用語でカルノスアクアによって考案された。印象語義の研究を印象語義研究と呼び、研究は語句や文章からコンセプトテーマを探る。

コンセプト 編集

コンセプトとは単語の中に含まれる部分的な意味要素で「語句に対する物」を性格、「文節に対する物」を役割に分類する。性格は「国語辞典に書かれているような語義」も含められる。

ただし、役割は文脈などで如何様にも変わるため一様な抽出はできないが、文章の意味を探る上では欠かせないものとなる。

テーマ 編集

テーマとはコンセプトに何らかの関係性を見出したものの事で関係性語義とも呼ばれ、印象語義を探る手掛かりの一つである。また、役割が性格を内包するためか同じものとして比較しやすく調べやすいものでもある。

テーマは関係の種類毎に名前があり、以下に表としてまとめる。

関係の種類
種類名 別名 概要
補間 対義語・対語 互いに反対の意味を持つ
類似 類義語・類語 互いに類似した意味を持つ
上階層 上位語 相方の語句の意味よりも強い意味を持つ
下階層 下位語 相方の語句の意味の方が強い意味を持つ
含有 汎用語 相方の語句の意味を含む
被含有 専用語 相方の語句に意味が含まれる

活用法編集

活用法 その一 編集

コンセプトテーマうまく組み合わせて造語の手伝いができる。また、コンセプトの一部を変えたり加えたりする事で新しいテーマを作れる(手法名はあくまで参考程度)。

手法名 概要
抽出 性格同士を比較して共通点や相違点を探る
合成 性格を新しく組み立てる
挿入 性格を新しく加える
消去 性格の一部を削る
置換 他の性格に置き換える

活用法 その二 編集

文章から役割や性格を抽出して、構成利用された意味などを研究することができる。

例えば「私は本のような物を読む」から意味などを抽出すると以下の様に分解できる。

  • 意味「一人称・~のような物・~のような…・物称・読む・行為・本」など…
  • 構成「主語・目的語・動詞・近似・SOV 構文」など…

こうして得た要素は造語時の参考として使ったり、用法の研究をしたりするのに使える。