FANDOM


単語を作るときは既存の物から音や綴りを変えて作っていくのも良いが、意味を前もって設計しておくことで同じような意味を持った基本語を何個も作らずに済む。そこで本記事ではその設計の方法について整理する。

何も無いところから語彙リストを丸ごと創造する場合を除けば、言語製作者は必ず一つあるいは複数の既存言語を参照しながら語彙を用意することになる。ここで元となる自然言語(あるいは十分に成熟した先発の人工言語)を仮に基礎言語と呼ぶ。言語製作者には当該基礎言語を自由に運用できる程度の習熟が求められる。ここでは日本語に十分親しんだ読者を想定し、基礎言語に日本語を選択する場合を例に話を進める。

コンセプトについて編集

コンセプトとは、作りたい単語の元となる意味的な性質や特徴の事を指し、これらから様々な用法や意味を作っていく。コンセプトについてはこちらを参考に。

追加型と処理型編集

コンセプトを作る方法は大きく分けて追加型(旧:派生系)と処理型(旧:統合分解系)の二種類がある。追加型では数少ないコンセプトから数多くのコンセプトを作っていく手法で基本となるコンセプトを分解したりせずそのままの形で一部を変えたりつけ足したりして作っていく手法が多い。逆に処理型では基本のコンセプトから含まれているコンセプトを取り出したり(抽出)、取り出したコンセプト間の共通点に着目して一つのコンセプトにしたり(統合)することによって新しいコンセプトを作っていくという手法である。

追加型設計法編集

付加変更法(足し算法)(旧:派生法)編集

付加変更法とは基本となるコンセプトに他のコンセプトを付け足して作っていく手法である。

特徴・注意編集

基本となるコンセプトに他の要素(コンセプト)を加えたり変更して作って行くため、コンセプトが思いつく限り永遠に続ける事が出来る。しかし、すべてのコンセプトが派生したコンセプトを作るのに役立つとは限らず、とはいえ思いつかなかったからといって必ずしも役に立たないわけではなく単に言語製作者の発想力が足りなかっただけという場合もある。
付加変更法(旧:派生法)(例)
派生させたいコンセプト 派生したコンセプト
物を作る 道具を作る(+道具)、建物を建てる(+建物)、組み立てる(+部品) など
命を取る 獲物を狩る(+生き物)、食べ物にする(+食料)、窒息させる(+方法) など
同じものが並ぶ場所(+類似性)、迷いやすい所(+感覚)、資源の宝庫(+資源) など


連想法 (連続付加変更法)編集

連想法とは連続して付加変更法を行うことで新たなコンセプトを生み出す方法である。

特徴・注意編集

連想ゲームのように一つのコンセプトから新しいコンセプトを作って行くため行きつく先では全く異なったコンセプトになっている事が多い。そのため多態性が生まれコンセプトの幅が大きく広がるという利点がある。連想ゲームの得意な製作者におすすめの手法である。
連想法(例)
基本となるコンセプト 連想されたコンセプト
物を作る 道具を作る(+道具)
道具を作る 必要な材料を集めてくる(+調達)
必要な材料を集めてくる 他所から購入する(+資金)
他所から購入する 自分で集める(資金→自力)
自分で集める 資源が多そうな所に向かう(+収集場所)


逆転法(否定法)編集

逆転法とは基本となるコンセプトと逆のコンセプトを生み出す方法である。

特徴・注意編集

基本となるコンセプトに相反するコンセプトを作る事で相反したコンセプトから別の切り口を生む事が出来る。ただし、ただコンセプトの意味を裏返しただけでコンセプトが出来るとは限らず、仮にできたとしてももう一度コンセプトをひっくり返すだけでは元に戻らない場合も多い。また、見方を変えないと反転できないものもあるので注意が必要である。
逆転法(例)
元となるコンセプト 逆転させたコンセプト
数の膨大さ 数の些少さ
材料から道具を作る 作られた道具を使う
四肢を使ってうまく前へ進む 二足で直立して前へ進む
見るに堪えない姿

高貴で端麗な姿

処理型設計法編集

分解法 (還元法)編集

分解法とは一つのコンセプトを「分解」する事によって新しいコンセプトを生み出す方法である。

特徴・注意編集

全ての処理法の基本の一つで、基本となるコンセプトから考えられるコンセプトの一部分を列挙するのがこの方法である。違った見方が出来る能力があれば簡単にコンセプトを取り出す事が出来る。
分解法(例)
分解したいコンセプト 分解後のコンセプト
人気のあるとても大きなお祭り

数の膨大さ、知名度の高さ、祝い事をする、集団の活動 など

影の薄い人

知名度の低さ、積極的ではない、忘れて思い出せない、空気が読めない など

怠惰な人 さぼり癖のある、怠け者、何にも興味を示さない、寝て食うだけする など


統合法 (合成法)編集

統合法とは二つ以上のコンセプトから一つのコンセプトを作り出す方法である。

特徴・注意編集

全ての処理法の基本の一つで、基本となる複数のコンセプトから考えられる一つのコンセプトを考える手法である。しかし、組み合わせ時に選んだコンセプトによってはうまく統合できない場合もある(だからと言ってそのコンセプトが悪いわけではないのに注意してほしい)。しかし、組み合わせ時に選ばれたコンセプトによっては今まで考えられなかったコンセプトが生まれる可能性がある。
統合法(例)
統合するコンセプト 統合されたコンセプト
「失う」、「信頼」 信頼関係を失う
「繰り返す」、「読む」 何度も読み直す
「選ぶ」、「戻す」 選びなおす
「試す」、「失う」、「繰り返す」 何度も失敗する
「孕む」、「病気になる」、「失う」 病気になって流産する
「消す」、「書く」、「繰り返す」 何度も書き直す


比較法(抽出法)編集

比較法とは二つ以上のコンセプトを比較し共通点のある物を一つのコンセプトとして残す方法である。

特徴・注意編集

全ての処理法の基本の一つで、複数ある基本のコンセプトを比較する事によって類似性や関係性を見つけ出し繋がりを見直し、場合によっては新しくコンセプトを作ったりしてコンセプト全体を見直す方法である。この方法はコンセプトが多ければ多いほど時間がかかるので複数人で行った方が効率が良くなる。また、それによって人に言語全体の印象を覚えてもらう事もできるので一石二鳥である。しかし、コンセプトの数があまりに少なかったり関係性を見つけるためのコンセプトが足りない場合は意味をなさなくなるので注意が必要である。
抽出法(例)
抽出する単語 抽出されたコンセプト
「小さい」、「少ない」、「短い」、「弱い」、「狭い」 些少さ、貧弱さ など
「見る」、「聞く」、「嗅ぐ」、「味わう」 身体の感覚、頭部にある器官 など
「崩す」、「壊す」、「乱す」 体裁を侵す行為
「太陽」、「月」、「星」 空に浮かぶ明るいもの
「冷やす」、「減らす」、「失う」 徐々に量を減らしてゆく
「食べる」、「飲む」 栄養を摂取する

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki