FANDOM


とは、ある名詞句に付与された意味役割の事である。

例えば「私、貴方、リンゴ、与える。」という文において「私」「貴方」「リンゴ」がそれぞれ文意に関してどのような役割を担うのか、ということである。

格の標示方法は言語によって様々である。

類型 編集

接置詞・接置辞 編集

接置辞(接頭辞・接尾辞・接中辞・接周辞)や接置詞(前置詞・後置詞)を名詞句に付けて格を標示する。

膠着語をはじめとして多くの言語に見られる。

  • 日本語(格助詞)
  • 英語・ドイツ語(前置詞)
  • アルカ(格詞) etc.

曲用編集

名詞ないし形容詞の語形を変えることによって格を標示する。

屈折語において典型的に見られる。

  • ラテン語
  • ドイツ語 etc.

語順 編集

文中の語の配列順によって格を標示する。

孤立語において典型的に見られる。

  • 中国語
  • 英語(SVO構文における主格-対格)
  • ロジバン(Place Structure) etc.

複合的な例 編集

実用上は前述の標示方法が組み合わされることも多い。

  • 英語
    • 前置詞「of」や接尾辞「's」により属格が表される。
    • 「I」「they」「who」などの代名詞は格により語形が変わる。
    • 無標のSVO構文においては「主格+述語動詞+対格」の語順が取られる。
  • アルカ
    • 格詞を使って表すが、主格と対格は格詞を使わずに語順でも表せる。
  • ロジバン
    • 項の順序で格を標示する。項の順序を入れ替えられるように前置詞(タグ)が用意されている。

格の種類編集

  • 斜格
    • 斜格とは、標識を取りうる格の総称である。(⇔対義語:直格)

文法格編集

  • 主格 / 対格
    • 主格とは、対格言語において自動詞の主語と他動詞の動作主を表す格である。
    • 対格とは、対格言語において他動詞の被動者を表す格である。
  • 能格 / 絶対格
    • 能格とは、能格言語において他動詞の動作主を表す格である。
    • 絶対格とは、能格言語において自動詞の主語と他動詞の被動者を表す格である。
  • 属格
    • 属格とは、所有や部分を表す格である。生格、所有格とも呼ばれる。
  • 与格
    • 与格とは、間接目的語を表す格である。

意味格編集

  • 内格 / 外格
    • 内格とは、「~の中に」の様にある範囲の内にあることを表す格である。
    • 外格とは、「~の外に」の様にある範囲の外にあることを表す格である。
  • 始格 / 終格
    • 始格とは、「~から」の様に起点や始点を表す格である。
    • 終格とは、「~まで/~へ」の様な目的地や終点を表す格である。
  • 具格 / 欠格
    • 具格とは、「~を使って」の様に行為に際して用いる道具などを表す格である。
    • 欠格とは、「~を使わずに/~なしに」という意味を表す格である。
  • 共格
    • 共格とは、「~と共に」の様に行為に際して伴われる共同動作主を表す格である。

関連記事編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。