Fandom

人工言語学 Wiki

TP (単位)

58このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする

概要 編集

TPとは、モヤ氏によって提案された、語彙数の尺度である。計算が容易であることと、語彙の量が感覚的に把握しやすいことから、語彙数が話題の際に持ち出されることがある。

定義 編集

1TP = 120words.

TPは、toki Pona(トキポナ)の略である。トキポナの語彙数が120語丁度であり、また、今後この数から変更される見込みがない。その為、トキポナの語彙数を基準にしてその何倍の語彙数があるかという形で語彙数を測ることが提案されたという経緯がある。

同時期に、TP の値の常用対数をとった、logTP も提案されていた。この尺度ではトキポナ相当の語彙数が0、自然言語相当語彙数が3となり、区切りとなるラインが整数値にくる。しかしながら、算出の際に対数を取ることの面倒くささや、あまりにも値が小さくなりすぎることから、ほとんど使われていない。

意義 編集

1TP: トキポナ相当の語彙数。言語として成立する最低ライン。

10TP: ロジバンの基本内容語(gismu)の数。人工言語が実用可能になる最低ライン。

100TP: アルカの語彙数。不自由を感じることなく表現ができるようになるライン。

1000TP: 自然言語相当。

このように、丁度10倍ごとに、人工言語としてのレベルが上がるため、感覚的に理解しやすいという利点がある。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki